【ラオス旅行2】シーパンドン~【カンボジア】プノンペン

さようなら出発シーパンドン

今日はやっとドンデットから出発する日。
朝の8:00に船着場集合で行きに逃した「ナカサン」へ。
行きに降りたわけのわからない船着場と違ってちょっとした集落になっていて、商店もゲストハウスも少しあった。


ここナカサンのゲストハウス前に座らされ入国書類とカンボジアVISA書類を書かされ、$ 28取られた。
明らかに高かったので数人で「自分で出入国する」と言ってパスポート諸々を預けなかったんだけど、
まーいろいろあって結局面倒くさくなって私も全てやってもらおうと思い$ 28渡した。

バスに揺られること1時間?カンボジアとの国境に到着。


カンボジア国境は舗装されていないと有名だったけど、「舗装された」と聞いていたので油断してた。
ここの国境は工事中で砂の道だったので案の定、 バスが埋まる。


と言ってもそこはもう国境だった。
パスポート預け組はここを素通りし


カンボジア側の商店でしばし待機、しばし待機、しばし。。。。しば。。。


2から3時間は待ったんじゃなかろうか。
カンボジア側のバスはずーとここにいたのに。




やっとこさ出発してほとんどの時間舗装せれて無い道をゆく。
といっても大変なのは運転手であって乗客は揺れに耐えればいいだけ。
車酔いする人は大変そうだけど。
それにしても小さい橋が多い


昼食休憩が3時ころあったけど、持参してたのでバスのなかで食べてしまった。
できれば、持参したものではなくて停まったところで食べたいけど、休憩時間があるのかないのかわからないから持参してします。
夜の7時頃、小さなレストランみたいなところでシェムリアップ組が降車し別れ、プノンペン行きバスは出発。


結局宿はバスで一緒だったフランス人とシェアで $6のツイン、バス付き、キャピタルG.H.
シングルは満室だった。
バックパッカーで知らない人はいないとかレストランやツアーデスクがあると聞いていたけど、
夜ついたからかスラム街の怪しい建物にしか見えず、周りもちょっと暗い。
プノンペンカンボジアのダークな部分と聞いていたけど確かにそんな感じ。



2016年3月
仲良くなってから一緒の部屋に泊ったKMさんとは別に、このような流れで一緒の部屋に泊るのは初めて。
リラックスできない!!ww

鍵付きのかばんでよかった
腹巻貴重品入れがってよかったと思ってしまった。



超簡便的に
・10000K=100円
・$ 1=100円
・4000R=$ 1=100円

10000K 朝食
10000K 昼食分
2000K 水
$ 28 VISA代行代
5000K アップルシェイク
3000K ドライフルーツ
2000Riel ($ 0.5)マンゴー
2500r パン(62円?60円として)
2000R 水(大)
$ 3 宿

3560円位

20110715222538


20110715222538

広告を非表示にする