【ラオス旅行】スローボート1日目 フアイサーイからパクベン 6/13/2011

タイのドイ・メーサロンからチェンライ
チェンライからチェンコン(タイ国境)
チェンコンからフアーサイ(ラオス)の陸路国境越えの駆け足移動の様子はこちら
unasu.hatenablog.com


初の陸路国境越え はじめましてラオス

ファイサイ


あああもう。
ラオス金キープ桁多いよ!
知ってはいたし後ろの00を二つ取れば大体円になるからそんなに難しくないと思ってたけど、
まじ英語で100以上は未だに自信持てないって事を忘れてた。


せっかく英語で言ってくれても結局電卓に打ってもらわないとイマイチ値段がわからん。

そしていざ払う時にいちいち0のかず数えないとぱっと見だと50000と5000とか間違えるし。




てか流通している最小が500ならどうして後ろの00いるのよ。
現地の人も0の数数えてるしwいらないでしょー。




パクベン到着

という感じで今日はフアイサーイからスローボートに乗ってパクベンまで来た。



スローボートでルアンパバーンに行く場合はこの村で一泊する必要がある。
フアイサーイ(フエイサイ)に少し滞在してサウナとか行きたかったけど、
スローボートが月曜と土曜しかないらしいので(現地では確認してない)
今日出て来た。




スローボートは床の上に雑魚座りで、
床いっぱいに人と荷物を詰め込むからあぐらもかけないみたいの聞いてたけど、
私が乗ったのは車のシートを並べてちゃんと座席があったので快適だった。

早く買ったので前の方のエンジンから遠い方だったし。
隣はフレンドリーなオージーガールズだったし。
舟の中は英語ばかりだった。
私は相槌しかうてない。
相槌打てるようになっただけ成長したけど。
舟の座席からパシャり↓


で、途中幾つかの小さな村で途中下車する人を見送り。
フアイサイを12:00に出て18:00にパクベンに着いた。


40000Kでインサイドシャワーが二人で居たので「同じ値段だね」と言ったら
片方が30000Kまで下げてくれたのでそこに決定。


もっと安い所あるかもしれないけど、30000K(90B位)ならいいでしょう。
一泊だけで探す時間もあまりないし。


併設のレストランは川沿いだし。まー初のシャワー付きで30000K、
綺麗だしよかった。



でもその客引き(多分オーナー)は日本語で「サイコー」を連発しててどうやらいい部屋らしい。

キタナイ部屋もあったのであっちはイクラ?
ってきいたらどうやら一番安い部屋が30000kだから、いい部屋を同じ値段にしてくれたらしい。
信じられると思うけど。




折角の川沿いレストランだけど夜なので何も見えない。
朝食をここで食べて夕飯はどっかいってみようかなと思ったけど、
10時に村が消灯?みたいに電気が止まるって聞いたからその前に食べたくて
併設のレストランでフライドポークジンジャー20000kと、
飲みやすいから飲んでみてとTさんとMZさんに言われた「Beer Lao」10000Kと
カオニャオ(もち米)5000k(50円強)を。


ポークにライスついてなくて、別で頼めと言われた。
料理が高くて未だにラオスの物価がつかめない。



タイではカオニャオ5B(15円弱)。
そしたらフライドポークライス15000Kってのがあってやっぱりそっちに変えてって言ったんだけど
すでに遅かったので結局全てで35000K。。



タイでは一食100円いかないくらいだったのが.....
まぁーでもここでもラオス人はタイよりいい。

Tさんの話では人もタイの方がいいって言ってた気がするけど。
というかむしろタイ人ってつめたかった気がする。気がしてたずっと。まだわかんないけど。


そして今10:00だけど電気通ってるみたい。


あ、10:30に消灯したっぽい。


消灯前のパクベン


朝食 10000k
スローボート 220000K
パクベン宿 30000K
夕飯とビアラオ 35000K
ミックスフルーツシェイク 7000K

広告を非表示にする