読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストに車を買わせる方法

自家用車を、購入しました。

この記事は新しいブログに移動しました!

よろしければそちらをご覧ください!

「コツは1つ」ミニマリストに車を買わせる説得方法~ミニマパッカーという生き方~


まさかの、ポケモンGOばりのマイカーゲットだぜ!

です。

ミニマリストになりたい私

最近ブログがあっちゃこっちゃさまよっていますが、やはり、身軽に気軽に生きていきたいのは変わっていません。

家も車も、ストレスになるから欲しくなかった。

そんな私。

「車が欲しい」

と言われた時は、人から見たらアホかというほど落ち込みました。

車購入が怖い

その時専業主婦だったことや、

新しい仕事に就くことを考えては、ネガティヴになっておりました。

お金のかからない、質素な生活、今の生活を続ければ、私は家のことだけやっていれば生きていけると思っていました。

結婚前から働くことについては後ろ向きだということをつたて、

ひっそりと小さく暮らせば働かなくてもいいよ。

と言ってくれていたので甘えていました。

ですが、車購入となると、、、

同居人だけの収入では、、、、

そんな私にゴーサインをださせる方法

それは、

実用車としてではなく

趣味として、経験として

車が欲しい。

と私に思わせることです。

私は、同居人のお給料の寄生虫ですが、

やはり、好きな人には好きに生きて欲しい。

私が好きに生きたい人なので、

その部分はとても強く感じています。

将来の為っていうけど、今をないがしろにしたら将来なんかいつまでも将来のまま

私はまだまだやりたいことがあるとはいえ、同居人よりは好きなことをしました。

それに比べて、同居人は自分の好きにお金を使えるようになった途端に私を養い始めました。

だから、申し訳ないけど養ってもらう前提ではあるけど、車くらい、愛車くらいもたせてあげたいと思いました。

車なんて、高校生の時から好きな人はローン組んで乗っていました。

それすら、妻のゴーサインが出ないなんてなんかなぁ。

子供ができたらそれこそもっと制約が生まれる。

将来のため将来のため、と言ったって、

今を楽しめない人に、

その「将来」は訪れない。

将来くるであろう今を楽しめなかったら同じこと。

そう気がついた

私は、自分が働きたくなくて、質素な生活を同居人にまで押し付けていました。

もちろん、それ以外にもミニマリストの考え方や、行動にぴったりとはまったのですが。

でも、落ち着いた頃に考えました。

私が世界一周に全財産をつぎ込んででもしたい

のと、

同居人が全財産をつぎ込んででも車を購入したい

のは、同じことで、価値観の違いなんだということに。

車は物質なので、

物質にお金をかけるより経験にかけた方がよいとおもっていたけど、

車を購入、車を維持という経験は、

車を購入しないと体験できないとこなんだと気がつきました。

維持できなければ手放せばいい

これぞ、私が同居人に常に伝えたいと思っていた

「やってみる」

ということなんだなと。

最後に

まぁ同居人のお金が大半ですが私がコツコツ貯めたお金。

僕だけの趣味で使っちゃっていいの?

と聞かれた時に、

あー。そーかー。同居人のお金じゃなくて私のお金でもあるのか。

と思ったり思わなかったりwwwww

世界一周なんか一緒にしてくれないのに、 車は買ってもいいんだ?

と思ったり思わなかったり。

と言うことで、燃費、車中泊ロードバイク積みなど条件を絞り軽自動車を見ていたのに、見た目に惚れて全く違う、倍のお値段の車の衝動買いをこなしました私たち夫婦ですwwww

買うなら好きなものがいいよね!

とかなんとかいいながら。

広告を非表示にする