適当に書いた記事でも検索から来てくれる驚きの事実

ブログ運営についての記事です。 興味ない方はブラウザバックしちゃってください!

やっぱりブログ書くことが好き、という記事でもある


検索キーワードと読みたくなるタイトルのバランス

はてなの方のブログがどんなキーワードで来てくれているのかとか、見た事がほとんどありませんでしたが、はてなに引っ越してきて一年が経ち、急に検索で来てくれている方が増えたようです。

といっても、すごい少ないけど すごくないですか?w 驚きだよ!

こんなテーマもなく、

キーワードもないようなブログで、沢山あるサイトの中から記事タイトルをみて入ってきてくれるなんて。驚き。

キーワード気にしなくても世界に一人くらいは押したくなるタイトルだったということなのか

狙わなくても来てもらえた記事

アンチの気持ちよくわかる私の村上春樹入門おすすめ順 これは、「村上春樹 入門」 「村上春樹 順番」で、来てくれます。

こんなキーワードってもう沢山書いている人がいるし、専門家かよ!!ってくらいの記事で埋め尽くされています。

なので、はてなユーザー以外だったら0だと思ってました。

というか、グーグルの検索画面の順位が10位以内らしい。

まさかこんなオーソドックスで有名なキーワードで、こんな上にいたとは、、、

やばい!内容書き換えなきゃww

さておき、

じゃぁなんで来てくれたんだろう?

と考えたら、

専門家っぽくもないし、 コアなファンっぽくもないからかなと思った。

検索画面の上位は、本専用サイトだったり、 専門的なコラムだったり、

なんかちょっと業者のかほり(香り)がします。

そしてここは村上春樹大好き!っていうブログタイトルでもないから。

なんか本音が聞けそうなブログな感じがします。 どうですか?この分析?w 適当だけど、感じたことメモね!

因みに、

この記事は私の記事の中では検索キーワード調べる項目で20位くらいの順位です。

この記事タイトルをみて、なおかつ、きてくれる方は13%くらいです。

高いのか低いのか。

でも総数が少ないとしても10人に一人来てくれるって、何も考えてなかった記事にしてはいいんじゃないかなと思ってます。

びっくりしてます。

ブログお小遣いコツコツの先の楽しみ

思ったんだけど、私は今、このはてなは日記にして別でブログを書いていますが、 そっちがちょっと辛い。

多分、硬く考え過ぎていた。 こんな日記というTwitterの延長のはてなでさえこうやって検索順位も上がってきて、 検索キーワードとかもわかってきて、

すごい今、あっちよりこっちに手を加えたい。

アクセスのある記事を書き直したりしたい。

そこで! だから、先が見えなくて不安な新しいブログだって、1年経ったらこうやって、書き直す楽しさとか出てくるんだろうなって思う。

先生が言ってるのはそういうことなんだろうなと。

検索してくれる方は何を求めているのか?

アクセス云々は置いておいても、 自分でグーグルで、検索してもどこにでてるのか自分ですら見つけられないような記事に来てくれてるって事は、

どんなタイトルが来てくれるのか見るにはいいのかな??と思うわけです。

多分、記事タイトルと内容があってなかったり、 開いてみたら、Twitterかよ!っていうつぶやきだったりしたと思いますw

検索上位って結構似たり寄ったりなタイトルだったりするけど、

多分、口コミとか知りたい人はそういう狙ったワードで書かれているサイトじゃなくて グーグルから何ページも下がってきて、

普通っぽい記事読みたいんだろうなぁと思った。

アクセスとか気にしてなさそうな記事。

私の記事の 「ラストシップにハマり中」

とかなんか普通っぽいしw

もうフールー解約しちゃったから途中で止まってるけどあの記事。

クロスバイク楽しすぎw」 とかもシンプルだからかな?

でもこればかりでは、アクセスは増えないんだろうな。

難しいね!

まとめ

やはり、新しいブログはアクセスしてもらってなんぼです。

綺麗事は言ってられません。

だからいかにして押してもらえるタイトルをつけるか.... そしてそこに自分が検索する言葉を添えて.....

というのが難しいんだろうなぁ

(他人事?)

雑記という本文

新しい雇われ仕事が決まってから絶賛大不調中

ちゃんとやれていた家事も朝起きることも、お弁当も、新しいブログも

全部どーでもよくなってきてる

でもブログだけは諦めたくない

無収入だって何年も続けてきた好きなことが、もしかしたら少しでも収入になるのかもしれない

ダメ元でもいいから、やってみないなんていう選択肢はないなぁと思う

だから贅沢だけど、サイゼでご飯食べながらこれ書きました。

家にいるとダメ。布団から出られなくなる