個性を売りにできるのは限られた人?とブログを書く理由

やっぱり書いてみたいシリーズ

収入もそうだけど、やっぱり承認欲求って奴が満たされるからだと思う。 いや、満たされてなくても、なんかアウトプットしたやつがもしかしたら私以外の誰かに届いてるかもしれないというのが楽しい。

だから、ちゃんとした記事の書き方とか考えると書けなくなる。

あと、これからはテーマブログよりも どんな、芸風で行くかじゃないかな?っていう記事を読んだ。

この最近、頭の中をぐるぐるしていた思考にぴったりの表現だった。

そうか、私は誰々の芸風が好きでファンになってるけど、 私には人を魅了す芸風は作れないから、 初心に戻って着々と誰かの疑問に答えるブログを作ろうと思った。

そのブログが安定してきたら、共感や、私自身を出していきたい。

私はアフィリエイターというよりはブロガーよりの考えなんだと思うけど、(これについてもどこかで読んだ) 自分というつまらん個性を表現しても、強くなれないから、それ以外の道をまずは行く。

そうやって選んだのが未来型だった。 忘れてた。

シュリハ はいい言葉かもしれないな。

広告を非表示にする