自分とカメラについて

写真をとることが楽しくなるようなカメラをもって旅行に行って思ったこと。

自分は写真を、風景を切り取る、事が好きなのではなく、
写真を見ることが好きなんだー!!!

ということ。

特に目的もないけど、旅行が好きで、目的のない旅行はあまり好きではなくて。
写真を見ることが好きだったから、旅先の風景を切り取れたら楽しいだろうなと思った。

だけど初めて、写真初心者にばっちりな被写体だらけの東南アジア旅行にいったけど、
「写真をとること」にとらわれる旅行は、正直自分に合わなかった。

どれもこれもレンズを通してしか見ていない気がした。
あと、カメラ大きいなー。ぽっけにはいるカメラで記憶メモ位に撮ってぶらぶらしたくなった。

それでも、写真をみると、自分も撮りたくなる。
自分は写らないけど、とった写真って自分っぽいのが面白い。

もしかしたら、風景を切り取る写真ではなく、
とりたいイメージを作って撮りたいのかなー。

とりあえず、ぽっけにはいるコンデジ欲しいw



メコン
広告を非表示にする