【ラオス旅行2】ドンデット3日目~人のありがたみと日本人がいる安心感~


昨日はラストスパートを前に風邪を引いた。
もともとここでは1週間位滞在の予定で、
ラオスはこのシーパンドンを目的として(タイ)ノンカーイを出発し移動続きが終わり安心したのか、
昨日私だけ飲んだバナナシェイクが当たったのかはわからないが、夜中に熱がでて人生初?の下痢。

少々腐ったの食べても、95%下痢になると言われたフィリピンの学校でもお腹壊さなかったのでバナナシェイクではないと思うけど。

こういう時に旅は道ずれ、世は情け!
みなさまのありがたみったらありゃしない!
特に一緒に今同行しているKMさん。
ある程度一緒に過ごした人が近くにいる安心感ったらそうりゃあああもう。

お水買って来てもらったりヨーグルト買って来てもらったり、
昨日夕飯時に出会った日本人の方たちに、日本で処方してもらったという抗生物質もらったり(飲まずに済んだけど)
おろおろするKMさんと一緒にいろいろ助けてもらった。

こういう時、同じ言葉で、同じ価値観の日本人は本当に安心した。
よく旅先では日本語に気をつけろなんていうけど。(気が緩んで詐欺にあったり)

一人だったら心細くて泣いてたかもしれない!なにも出来ずに死んでいたかもしれない!
とまで思った。
この島に病院がなかったから余計KMさんのいる安心感
体調が悪くて動けなかったし、高熱が出て意識がもうろうとしていたし、
KMさんがいてくれるおかげで、次の日もし私に意識がなくても、私と言う人間が行方不明にならずに済むと思った。


それにしても日本の医者に処方してもらった解熱鎮静剤が全く効かないのはなぜ?!
フィリピンでも効かなかったし。

昨日もらったコルゲン液状カプセルがすっごく効いた。
隣の部屋のKMさんは細々と動いてくれるし、
日本人はみんな薬持ち寄ったりどこかから生姜入りお粥持って来てくれるし、(ご馳走様)
隣の宿のイギリス人はサンドイッチを無料で作ってくれたし(食べられなかったけどToT)。

まさかここにきて体調崩すとは思わなかったけど、一日である程度復活出来たのもひとえに皆様のお陰です。
シャワーが水シャワーしかないので明日の昼入るか。。。

昨日も含め
3000K ヨーグルト*3
15000K 水*3(一個ぼったくられたっぽい)
15000K 今朝のお粥
2000K 手間賃のつもりのお釣りなし分
ーーー
10000K 昼食スープヌードル
5000K オレンジジュース
10000K パンプキンオムレット
5000K カオニャオ
2000K お水
40000K 宿*2